矯正 矯正の必要性
きれいにならんでいても、虫歯や歯周病を予防することは簡単ではありません。
ましてや歯並びが悪ければより条件が悪くなります。

歯並びや噛み合わせが悪い為に起こりやすい事は、以下の通りです。

1. 歯ブラシをしにくいため虫歯・歯周病になりやすい。
2. よくない噛み合わせによる外傷的な力が歯に加わることによって、歯周病の進行(咬合性外傷)を早める。
3. かみ合わせの不調和によりあごの関節を悪くする可能性がある。
4. お口が閉じにくい場合、お口やのどが乾燥しやすく他の病気の原因になる場合もある。
5. お口を閉じた状態でも顔貌に悪影響を与え審美的障害となる。
子どもの頃に矯正を行うのがベストですが、成人してからでも十分可能です。
しかし見た目の並びだけきれいにするのでは意味がなく、きちんとしたかみ合わせを矯正によってつくることが大切です。また内側に装置をつけて目立たなくする方法もあります。