予防とメインテナンス 予防・メインテナンスの強化
予防そしてメインテナンスの強化
悪い所を治療することはもちろん必要なことですが、1番大切なことは悪くならないように予防することであり、また良い状態が長く続くようにメインテナンスすることであります。

川崎市歯科医師会の調査によりますと、市内の約50%の歯科医院に歯科衛生士が一人もおらず、1人だけのところが26%となっており、歯科衛生士は人手不足の状態です。
しかし当院では常勤の衛生士が3人勤務しており、さらに院内及び院外の研修により、十分な知識と経験を持っており、患者さんにプロフェッショナルとしての仕事を提供しております。

内容としましては…

予防

ブラッシング指導 患者さんにあったブラシの選択・動かし方を指導いたします。
最近では音波ブラシも好評です。
スケーリング 歯面や歯根に付着した歯石などのバクテリアの巣をクリーニングすることにより歯周病を予防します。

メインテナンス

PMTC プロフェッショナル メカニカルトゥースクリーニングの略。
歯石等の付着物を取り除くだけでなく、専用の器具を用いて歯面及び歯根を研磨し、フッ素などを塗布することにより強い歯質そして歯周を作りあげます。
薬の塗布 歯周ポケットが残っている部位や、炎症の強い部位に薬を注入して炎症をおさえます。様々な問題のあるケースについては、メインテナンスとして月に1回、それほど問題のないケースには2ヶ月に1度、上記のことを行うことにより、常に良好な状態をキープすることができます。